なんでこの時代にベスト盤なんか出すんですかね

Share Button

もうタイトルで全て言っちゃってるんですけど、今の時代にベスト盤なんかいらなくね?って話です。これまでもずっといらなかったんだけど、今の時代になってさらに輪をかけていらなくなった。

ベスト盤って概念的にいうと既存の楽曲のキュレーション、つまりは情報の要約に他ならないと思うんだけど、そもそもストリーミングとデジタル配信が主流になった瞬間に、そういった情報の要約作業っていうのはもうプレイリストの作成だけで済むはずなんだよね。特定アーティストやレーベルについて、「シングルコレクション」「ドライブで聴きたい楽曲集」「恋人と聴きたい曲」とかにまとめ直せば済む話なわけ。しかもそれを個人レベルで無料で発表して交流しあえる素晴らしい世界なわけ。こういった楽曲のキュレーションによる交流ってある種DJがミックスCDを渡し合うのと世界観としてはかなり近くて、しかもそれが完全に合法に行えるっていうのはかなり楽しいわけ。

ていうか、そもそもなんでこんな話してると思います?
三浦大知が3月9日に自身初となるベストアルバム『BEST』をリリースするからだよ。
俺は三浦大知のベストアルバムを新録『Dive!』ただ1曲のためだけに買わなければならないのか?(ちなみに『普通の今夜のことを -let tonight be forever remembered-』は配信で買った)というその一点について考察していたら次第にベストアルバムの意義がわからなくなってきたから書いてるんだよ。

ていうかそもそも今回の『BEST』って、その定義(「三浦大知、初となるベストアルバム発売決定!ソロデビュー曲「Keep It Goin’ On」から「U」までの全シングル24曲を網羅したシングルコレクション!」DISCOGRAPHY | DAICHI MIURA Official Website)としてそもそもベスト盤って言わなくない?ちゃんとベストな楽曲だけピックアップしてくれよ。

もう頼むから昔からのファンに同じものを買わせるんじゃねえよ。消費者の厚生というものを考えてくれよ。別に最近三浦大知ファンになったからって、本当に好きだったら過去のシングルも自分で掘るだろ。

んでこういうこというと「お前にはアーティストへの応援の気持ちがない!ファン失格だ!」とかいう奴が絶対に出てくるんだけど、うるせえんだよ。俺はファンであって奴隷ではないの。
別に三浦大知にお金を払うこと自体は何らやぶさかではないんだよ。しかしCD(そう、そもそもCD!)での既に持ってる楽曲の再発にお金出すことに何の意味があるんだよ。俺としてはプロの歌手なのにグッズ(というか同じ曲しか入ってないんだから価値としてはグッズ未満だけど)ばっかりで金稼ぐのはダサいの。そんなもんに金払うぐらいならライブに一回余分に行きてえよ。お金集めたいならチケット1枚3万円でいいからトークライブでもやってくれよ。何の躊躇もなく予約するよ。

あともうひとつ懸念があるとすれば、シングルコレクションの発売により、ある程度遅い時期からファンになった人たちにはもうカップリングを耳にする機会がなくなるってことなんですよ。
というのもそもそも俺が三浦大知の隠れ良曲だと思ってるのはシングル『DELETE MY MEMORIES』のカップリングに入っているDAMNなんですよ。でもベストアルバムを買っちゃった最近のリスナーはもはやDELETE MY MEMORIESのシングルを手にすることはないし、したがってDAMNを二度と耳にすることはないわけ。先にシングル持っててベスト買う人はいても、ベスト買ってからわざわざシングル買う人なんてあんまりいないんだよ。

はーあ。かなしいなあ。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3546003055292762"
data-ad-slot="5749192034">






Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.