うずまき2017 powered by Jun-Systems

耳管開放症, SAS, 統計解析, 人工知能, プログラミングそれに思考

*

[1] IBM Bluemixでウェブアプリを作る -Bluemix接続まで-

   

なんかIBM Bluemixでウェブアプリを作りたくなったので作る.Pythonで書いて,みんな大好きdjangoで,UIにはtwitter bootstrapを使う.分析サービスみたいなのやりたいので内部ではRを走らせるし最終的な分析レポートはR Markdownでpdfに出力されるようにする.

環境づくり

ダッシュボードからCloud Foundryアプリの作成→Pythonベースのやつを選択,なんか名前とかつけてステージングが終わるのを待つ.

立ち上がったらまず左サイドバーからログをみると,何やら早速エラーとか出ててウケる. とりまpipをアップグレードしろという指令が出ている.下のはfaviconがねえぞってだけなのでまあ別にそれは最後の最後でいい.
ダッシュボード_-_IBM_Bluemix
ということでまずはBluemixに接続する.

とりまBluemixに接続

CFコマンドライン・インターフェースをゲトる
Bluemixコンソールのサイドバー「コーディングの開始」から辿ってCFコマンドライン・インターフェースをダウンロード.ぼくのはMac OS Xなんで,落とした.pkgファイルからサクッとインストール.
ターミナルを立ち上げたら

$ cf api https://api.ng.bluemix.net

Setting api endpoint to https://api.ng.bluemix.net…
OK

API endpoint: https://api.ng.bluemix.net (API version: 2.40.0)
Not logged in. Use ‘cf login’ to log in.

わかったからさっさとログインしろと言われるのでそのとおりに

$ cf login

を叩き込むと,Emailとpassを訊かれるので,Bluemixへのログインに使っているIBMアカウントを入力.ログイン成功するとこんな感じで返ってくる.

1__bash

pushでデプロイしてみる

とりあえず接続までできたんで最後に練習がてらスターターコードのデプロイだけしておく.
まずはサイドバー「コーディングの開始」からスターターコードを落として,作業用のフォルダに展開して,Terminalでそこに移動.
さっきログインは済ませてあるので…

$ cd フォルダ名
$ cf push アプリ名

でガーッと色々走った結果デプロイできる.
何のOrganizationのどのSpaceの何のAppにどのUserが何をしたか全部出てきて,一旦Appが止まってからまた正常に走りだしたらOK.

以上.
次回はdjangoを設置する.


 - Bluemix, Cloud Foundry Apps , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事