違法アップロードコミュニティへのモラルの訴求なんて無意味だと思った話

Share Button

音楽にせよ漫画にせよ、コンテンツに正規の代金を払わずに享受する問題というのはインターネット黎明期ってぐらい古くから存在するけど、よくそういうものに対して、「クリエーターが損するようでは市場は縮小するばかりだ」みたいなことを言うじゃん。確かに指摘するそれ自体は間違いなく正しいんだけど、そういう違法アップロードされたコンテンツが集まるポータルとか、そこに群がる集団で形成されるコミュニティの健全化を目指すにあたってモラルなんていうものを期待するほうが無駄なんじゃないかね。そこに巣食うのはそもそも目先の快楽しか考えられない人たちであって、その人たちに市場の将来性なんか説いたところで無意味なんですよ。

音楽はYouTube(とその他違法アップロードサイト)への流出が止まらなくなって全く売れなくなった。だからこそYouTubeで無料で享受しても広告収入によって商業ストリーミングと同程度の収益が入るように構造が最適化された。ただそれだけの話。漫画だってコンテンツの電子化にともなって収益構造は変わっていくんじゃないのかな。

漫画とか書籍なんて、これまでは音楽に比べてデジタル上・ウェブ上での扱いがちょっと面倒だっただけの話で、画像数百枚だと容量もデカくなるから、音楽と違ってもっと深いアンダーグラウンドに潜ってたんじゃないのかねえ。それが今は.epubあたりの形式で規格がかなり統一されて簡単にパッケージングできるようになったじゃん。実際書籍の自炊ってかなり簡単になってきたし。
そうやって軽量かつ簡単に扱えるようになったから違法アップロードが本格化してきたのと、一方でモラルの吹っ飛んだ人たちがそれに群がり始めた。音楽とほとんど同じダイナミクスじゃん。『誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち』にもあるけど、違法アップロードの動機って基本的にはもうただ純然たるネット上での名声だったり、もしくはそのコンテンツを広めたいという本当に純朴な理由だったりする。ニコ動でめっちゃ馬鹿なことにコストかけて、「才能の無駄遣い」って言われるのが嬉しいのとベクトルは同じ。

もし本当に市場を健全化したいのなら、コンテンツ提供への対価としてのお金が欲しいだけなのを安易に「クリエーターの応援」みたいなものに混同すべきではないんじゃないかな。というのも音楽はそういったモラルの訴求では結局のところなんら大した功も奏さなかったわけで。

正直なところ書籍だって既に、純粋なコンテンツの享受だけなら正規の経路でもAmazon Prime Readingで数円の対価だけで楽しめたりするわけじゃん。でもその書籍は実際に購入したら1,000円弱かかる。つまり「情報量としてのコンテンツ自体の対価」、「蒐集欲を満たすための物質的所有の対価」、「クリエーターの応援のための投げ銭」の3つをモラルとかいうクソみたいなもので一元的に語ったところで、結局ビジネスとしてはうまく回っていかないんじゃないかと思うんだよね。だってお金稼ぎたくてやってるならもっと健全にビジネスとして回る方法を考えなきゃ仕方ないじゃん。

結局一昔前のフリーミアムみたいに、上位10%ぐらいのロイヤル層がクリエーター応援だとかいって全体の90%ぐらいの支出をする形になるだけなんじゃないのかな。そしてクリエーターは口を開けばモラルを語る、みたいなつまらん市場に成り下がりそうな気がする。

あと音楽はライブ方面に大胆に市場が広がったけど、書籍でもこれからはそういうのが増えていくのかな。それこそキングコング西野さんがトークライブ開催のついでに自分の著書をタダでプレゼントしたりすんのと同じで、経験に対価を求めるついでに、そこでの思い出として物質的価値が提供されるに過ぎなくなるとかさ。あとは絵描きの人たちは展示会がもっと一般化して一点ものの絵を対面販売するようになるとかさ。もうなってんのかな。知らんけど。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3546003055292762"
data-ad-slot="5749192034">

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.