うずまき2017 powered by Jun-Systems

耳管開放症, SAS, 統計解析, 人工知能, プログラミングそれに思考

*

クラウドファンディングで気をつけるべき4つのこと

   

 
ありがちなタイトルで狙ってみます。
 
クラウドファンディング、流行ってますね。
漁ってると時々本当に夢のある感じのコンセプトの製品が発表されてたりして、見てて楽しくなってきたりしますね。
 
適当に投資してみたり完成品買ってみたりした感想などを書きます。
 
まずぼくが今までにクラウドファンディング関連の製品で買ったりお金出したりしてるのは、
 
・Smile EmoPulse (初めてお金出したスマートウォッチ:詐欺でした)
・Pebble (スマートウォッチ) 2014夏にネットで買いました
Pebble Smartwatch | Smartwatch for iPhone & Android
・Ring -Shortcut Everything- (スマート指輪) 2014/11現在発送準備中
Ring – Shortcut Everything
・XY FindIt (所持品の位置情報をトラッキングできるBeacon) 2014/11無事に届きました
XY – Find It
 

 
そもそも初めてお金を出したSmile EmoPulseが詐欺だったんですね。
元々Indiegogoでファンドを集めていたプロジェクトで、日本のガジェット系の雑誌でもちょいちょい紹介されていました。いつの間にか誰もその名を呼ばなくなりましたね。
ぼくはクラウドファンディングはもう終了したあとで、ウェブの購入ページからカードで購入しましたが結局送られてこず、再三の問い合わせにも返事がなかったのでカード会社に頼んでチャージバックで全額返金してもらいました。
 

クラウドファンディングで気をつけるべき4つのこと

 

1 クラウドファンディングは通販ではないことを肝に銘じる

クラウドファンディング系のサイトを毎日眺めていると、楽天やAmazonを流し見しているのと同じような気分になってきます。しかしながら、(考えてみれば当たり前なんですが、)これはファンディング(投資)であって、単なる通販ではないのです。
お金を出しても開発が頓挫(もしくは開発グループが逃亡するとか)することなどによって出したお金が全部消えて何も残らない可能性だって十分にあるのです。それを忘れて、プロジェクトのコメント欄に「早く送れ」だの「これは詐欺だ」などと騒ぎ立てる人が結構な頻度で現れます。疑うことは必要ですが、信じてるから投資してるんじゃないの?という感じもしてしまいます。
 

2 リスク(difficulties / challenges)への言及度合いをチェックする

これも当たり前ですが、投資元を募集するにあたって、普通の投資であれば必ず、「失敗してプロジェクトがパーになる可能性」についても明確に見極めなければいけません。ちゃちな対面詐欺とかでもそうですが、いいことしか言わないモノにロクなことはありません。リスクや現在直面している問題についてしっかりと直視し、また、それを回避するためにどういう手段をとろうと考えているのか、そういう部分に関してしっかりチェックしないといけませんね。
それをチェックしなかった結果がEmoPulseの詐欺だったのでよくわかりました。
 

3 プロジェクトの経過報告の頻度と密度を確認する

なんだかんだこれが一番不安になります。というより、プロジェクト側がこれさえしっかりやってくれれば出資者はもっと安心するのになあ、というのはRingの開発過程を見ていて切実に感じました。
例として、XY FindItのプロジェクトでは、結構頻繁に報告が来た覚えがあります。製造パートナーとして選定した工場の様子を写真で報告したり、作った製品の山が倉庫に置いてあったりする写真を見ると結構安心します。ある意味では「なんだよ…Ringかと思ったらまたXYか…」みたいなことばっかでした。
 
頻度が低いと、特に海外の出資者はどんどんブチギレていき、「信用できないから出資を取り消した」といったような報告が掲示板にガンガン溜まっていきます。それを読んでいると自分も不安になってくるので、出資者を安心させるためにもプロジェクト立ててるみなさんはちゃんと報告してください。それは出資者側はそういう面でしかプロジェクトの信頼性を評価できないのです。
 

4 どっかに取り上げられているか

もちろんこれは絶対的に信頼できるとは限りません。特に雑誌系など、画像とテキストでしか掲載できない媒体での紹介はあまり役に立ちません。特にSmile EmoPulseはいろいろなところに取り上げられました。
しかし、一番判断の基準にできるのは、イベントへの出展です。たとえばRIngであれば、SXSWというアメリカはテキサスで開かれている音楽や映画などに関するカンファレンスに出展し、当時のプロトタイプの動作を披露しています。最近であればSoftbank World 2014での講演もありましたね。
 
あの魔法の指輪「Ring」は今……、ログバーの吉田氏がSoftBank World 2014で講演 (1) Ringとは? | マイナビニュース
 
Ring in SXSW Trade Show 2014

Ring in SXSW Trade Show 2014 from Logbar on Vimeo.

 
 

Ringのこと

オペレーションの関連で一時期いろいろ叩かれたりしたこともありますが、個人的にはかなり応援していますし、もうそろそろ出荷される頃なので楽しみで仕方ないです。
東京でのローンチイベントへの招待状が来たんですが、用事があって行けなかったのが結構悲しかったです。
データ分析とかやってる兼ね合いもあってRingから何かしらの身体情報を取得して分析したりすることは技術的には不可能じゃないんじゃないかなーなどと考えている節があるので、機会があったら関係者の方々とは是非お話してみたいですね。
 

Smile EmoPulseのこと

これはぼくが被害を拡大させるようなことはしたくないので、公式へのリンクは貼らないことにします。(一応もう公式の販売サイトは潰されてるので大丈夫だとは思いますが…)
紹介用のビデオと有志によるScam(詐欺)の検証を行った外部ページだけ貼っておきますので、興味がある人は自分で深みへと潜っていってください。私は責任はとれませんのでここまでと致します。
 

Smile Emopulse HQ from Nick N on Vimeo.

 
そして何より最高に気になるのは、先日Black Eyed PeasのWill.i.amが発表したスマートウォッチが「Puls」という名前で、製品コンセプトが結構Smile EmoPulseに似ていることでしょうかね。まあPebbleがあるのでもうどうでもいいんですが。
Will.i.am Introduces the Puls Smartwatch
 

 


 - ガジェット談義, クラウドファンディング , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

なんかPebbleが廃業してたので他の製品を探す
no image
Raspberry Pi 2 Model Bを買った話 pt.2 (DJソフトの立ち上げまで)
no image
Raspberry Pi 2 Model Bを買った話 pt.1 (最初の起動まで)
no image
スマートウォッチを使い始めて変わったこと
no image
海外での現地SIMカードのススメ GL06P
アップル新製品発表会2016に際して色々と考える iPhone, Macbookなど。
Technics SL-1200が帰ってきたので色々と思い出した | Jun-Systems
no image
Ringが届いたので、ウェアラブルデバイスについて考えてみる
no image
KickstarterからXY FindItが届いた話
iMacの首が折れた話