うずまき2017 powered by Jun-Systems

耳管開放症, SAS, 統計解析, 人工知能, プログラミングそれに思考

*

EDMと日本のチャート音楽

   

いきなりですけど,俺はK-POPそんなに好きじゃないけど,かといって別に日本でK-POPが流行るのはアリだと思うんですよ.理由はあとで書きます.

高校の頃とか大学入りたての頃とか,チャートに上がってくる邦楽はクソだってずっと言ってたんですよね.んで,そういうのって2ちゃんとか含めて周りでも言ってる奴はいっぱいいたし,HIPHOP周りでもそういう鬱憤は溜まってた.だから音楽好きは割とチャート音楽が嫌いなんだ,そういうもんだと思ってたんですよ.でも最近,俺が邦楽が糞だと思ってた理由がそいつらとは根本的に違うんじゃねえかということに気づき始めたわけであります.

もともとみんな「日本では糞な音楽ばっか売れる」とか言ってて,たぶん彼らもみんなそれぞれインディーズとかに好きなアーティストがいたんだと思うんですよ.で,そういう音楽が評価されないことに対して憤ってたっぽいんですよね.
でも俺の場合は違って,別に特定ジャンルのディープなアーティストが,大衆レベルで好評価を受ける必要はさほどないと思ってるんです.みんな好みは違うし,国民全員にラップミュージックを大好きになってもらうなんて,どう考えたって無理じゃん.俺が日本のチャート音楽が糞だと思ってた根本的な理由は,単純にクオリティの問題だったわけです.アメリカではチャートにすげえかっこいいクラブミュージックとかが上がってくるのに,それに比べて日本は薄っぺらいメロディの歌詞ばっかでなんなんだこれは,みたいな.
しかし,昨今日本のポップミュージックは,その音の質がメキメキとあがってるんですよ.世界的なEDMブームが日本にも流入してきた関係でチャート音楽もその音の潮流を取り入れ始めたわけです.俺自身はEDMはそう好きなわけじゃないけど,それとは全く別個の問題として,みんなが普通に聴く音楽がEDMとか最新の世界的な潮流に乗り始めたっていうのは素晴らしい流れだと思うわけであります.(ちなみにEDMはアメリカが中心なわけではないので,俺が単純にUSのフォロワーだとかいう話ではない)
つまり,俺は音のクオリティさえちゃんとしていれば,別にアイドルが上位に上がってくる事自体には異論がないんです.その証拠に,三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのR.Y.U.S.E.I.とか結構好きです.

これも今までのJ-POPに比べればかなりEDMっぽさに寄せてきてる曲なんですね.ぼくはEDM最大の功績は「インスト部分で乗れる文化を作った」ことだと思っていて,このR.Y.U.S.E.I.でもサビ後の間奏が一番盛り上がる形になっている.ヴォーカル至上主義の日本にこの文化が根付きつつあるほどにEDMが伸びてきたことには本当に驚きです.EDMのこの間奏で乗るシステムって,ダンスが激しいこういうアイドルとかには実はかなりマッチするスタイルだと考えていて,ライブパフォーマンスでも盛り上がること間違いない.音楽が売れない時代には,やっぱりそれにあった音楽が出てくるもんなんですかねー.

ただ,それでもまだクオリティとしては甘い.クールコリアとか言われますが,K-POPのチャート音楽は完全にUSの音を取り入れてくる.それも取り入れる反応速度がものすごく速い.USではEDMのひとつのサブジャンルとしてのTwerkがバカみたいに流行ってますが,K-POPでチャート上位にあがってくるこの曲(24K(투포케이) – Super Fly(날라리))とかもう完全にTWERKなんですよ.TWERKは好きです.

日本のチャート音楽はいわゆる狭義の四つ打ちEDMっぽいものは取り入れてくるんだけど,広義のEDMの中のTWERKとかは使ってこない.ていうか日本のチャート音楽はそもそもUSメインストリームのHIPHOP由来っぽい音が鳴る雰囲気があんまりしない.

俺はEDM自体については「何も知識がなくてもとりあえず手軽に即座に激しく楽しめる」という意味でファスト性のあるものだと思っていて,音楽のファストフード化みたいなことについてずっと気に食わなかった.しかし,それが世界的な潮流となった今,もはやそれを積極的に取り入れていくことが音楽産業を先にすすめるにあたって必須っぽくなってきた.
「要は海外の音楽の要素をパクっていけってこと???」と思う方もいるかもしれませんが,別に必ずしもパクる必要はない.K-POPがTwerkをまるごと取り入れたことによって,正直ちょっとK-POPの独自性みたいなのが薄れつつあるようにも見えるというところには同意してもらえると思うんですね.そういった意味で,独自性を確立したうえでクオリティをあげていくこともまた必要なわけです.ただ,クラブミュージック自体の変化は世界的な潮流のもとに成立するので,あまりガラパゴス化せずに,ほどよいバランスを保ちながら世界にそのクオリティをアピールして欲しいんですよ.KAWAIIとかをなんかもっと究極的にファストな感じに昇華させたらすげえドラッギーな音楽とかできそうだし,アニソンも音楽としてはその流れの上にあるように思う.

最後に参考がてらUSのTWERKをいくつか貼っておきます.ていうか書いてて「これTWERKだったっけ…?」って不安になったけど,TWERKって厳密には音楽に合わせてあの独特な尻の振り方をするダンスのことなのでまあ音楽ジャンルとしては厳密な定義はそんなにないんじゃないかな.ダブステップが流行り始めた初期にいろんな人が「DUBSTEPって何?定義は?」って言ってたのと似てる気がする.

Turn down for what – DJ Snake feat. Lil Jon


これとかもう曲始まった瞬間からTWERK部分に向けた盛り上げのパートから始まるし本当にクソ(褒め言葉)なんですよね.Lil Jon大っ嫌いですが,1ヶ月アメリカ一人旅したときに各所で耳に穴が空くぐらい何度も聞かされました.Turn down for what(なんで音下げなきゃいけねーんだよ)


メロディのパーティ感がすごい.


Fast and Furious 7(ワイルドスピード)でドバイのシーンに入った瞬間にかかる曲.これも好きな人多いですね.


 - 音楽, 音楽業界 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

プラグイン系の物欲整理を行いますよ
no image
ラッパーのハスリンの話
自動マスタリングサービスLANDRを試す
no image
音楽産業でDRMが違法ダウンロードに与える影響についての論文を読んでみた(前編)【続・DRM論争】
YouTubeで一発当てれば数百万入る時代にライブに1万円のノルマを払い続ける人たち
結局ストリーミングの方が儲かるっていう話
no image
耳管開放症のための耳栓を探して
no image
『DRM廃止が音楽の売上を10%伸ばす』TorrentFreak翻訳記事
Technics SL-1200が帰ってきたので色々と思い出した | Jun-Systems
no image
Spotifyのジャパン・パッシングに見る日本の音楽業界の話