うずまき2017 powered by Jun-Systems

耳管開放症, SAS, 統計解析, 人工知能, プログラミングそれに思考

*

今を常識にしたい話

      2017/11/24

俺は常に今目の前にある現状を常識にしたいと思っていて、だからこそ「昔どうだった」とかそういうことには全く関心がない。昔の行動の美徳みたいなものには何の美しさも感じないし、「回りくどくて馬鹿みたいだな」とすら思う。

高校や大学で教えられる物理法則ですら正解(=真理)ではなく、「現段階ではそれがもっとも目の前の事象をよく説明できる」というだけのものに過ぎない。つまりこの世界では世界の真理すら帰納的に模索されているに過ぎず、ましてや文化や振る舞いなどという人間が規定したものに正解なんてあるはずもない。

つまり公共の福祉に反しない(他者を傷つけたりしない)限りのあらゆる文化は肯定されるべきだと思う。他人を殴らないなら高校生の髪が赤だろうがどうでもいいし私服で登校したっていい。

そう、だから俺はスーツが大嫌いなのだ。完全に全く同じ理由で。

話が大きくなったけど、「当たり前」なんてものが結構簡単に変わってしまうものなんだということがよくわかるのは電話とかパソコン周りの話だと思う。

俺らの上の世代はまだそんなにパソコンを使えず、俺ら世代はかなり若い頃からパソコンを覚えてブラインドタッチが当たり前になり、しかしその下は今度はスマホが当たり前になってまたキーボードで文字が打てなくなった。

上の世代は暗号通信のごとく公衆電話をブラインドタッチしてポケベルを鳴らし、俺ら世代はiモードにうつつを抜かして前略プロフとmixiでクソ寒い自称おもしろプロフィールを量産していたし、下の世代はネイティブ的にSNSに触れそして若気の至りで炎上し、若気の至りを卒業していつの間にかいい人ぶり始めた諸先輩方に怒られるのだ。

そう考えると、可視化されていなかっただけで自分ら世代にも起きていたであろうくだらない悪事でいちいち身分を失ったりするんだから今の若い子たちは大変だと思う。

これはどの世代が正しいとかではなく、人の生活が変われば簡単に常識は変わってしまうんだということをちゃんと理解しないといけないってことです。俺は若いやつがスマホで俺のキーボードより早く文章を打てるなら何の批判もしないよ。

「そういう文化的なものは【流れ】として変化するが、人間は変わらない」とかいう人もいる。何を言っているんだろうと思う。

たとえば人間の体型はその歴史の変遷とともに変わってきた。わかりやすいところでいえば身長とか。しかし、中でも俺は100年後(=3~4世代後)には人間から親知らずはなくなっているんじゃないかと思っている。狩猟時代のように怪我で歯が吹っ飛んだときのために予備が生えてくる必要は最早ないし、昔のように顎の骨格がでかくて追加で数本生えてちょうどいいくらいの頭蓋骨でもない。

100年後の人類では「ヒトには昔途中で突然奥歯がもう一本生えてきてたんだよ。」「えー野蛮人じゃんキモい。」みたいな会話が起きてほしい。そしてそれぐらい簡単に人間自体も変わっていってほしい。

親知らずなんかに頼らなくてもどうしても歯が欲しいならインプラントでも入れればいい。100年後にはだいぶ安くなってるよ。

逆にいうと、将来の世代に俺らの過去の行いを笑われたりもするんだろうと思う。思うけどまあそれはそれでいい。世界はどんどん効率化していくべきだし、その頃にはそれが当たり前だったというだけの話なんだから。



 - カルチャー , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事