ApplePay使ったら払うだけ払って何も起きなかった話

Share Button

MacBookのブラウザ上でApplePayが使えるようになったじゃん。そういうのって一度は試してみたくなるもんだし、せっかくだからやってみたんですよ。

アメリカのDoorDash(Uber EATSみたいなやつ)で初回は配達が無料だったからMacBookのブラウザ上からいろいろ見てて、こんな感じで決済画面が出るわけですよ。

ここでApplePayを選ぶと、Bluetoothで認証がiPhoneに飛んで、TouchIDで決済できるわけです。

へえ、よくできてんなーとか思ってるわけ。
もちろんiPhone上には普段のApplePayの支払いと同じいつもの画面が出てきて、TouchIDで支払い。

これで支払い完了。

うん。

完了したのはしたんだけど…

??????

進まなくね?????

俺は待った。少なくとも10分ぐらいは待った。

でも何も起きなかった。

iPhone上のWlletアプリには確かに該当のカードでの使用履歴が残っている。

しかしDoorDashのOrder Historyは…

・・・・・・。

結局30分以上待った。何も起きなかったので意を決して再読み込みしたら支払い前の画面に戻った。支払い済みなのに。

いまDoorDashのサポートにRefundの申請かけてるけど、なんか信じてもらえなさそうなんだよなあ。無理だったらカード会社に連絡してそっちから処理してもらわないといけないなあ。それも面倒臭いんだよなあ。(昔カード詐欺でカード会社に払い戻しの申請かけてる)

やっぱ素直にUber EATSでアプリ上から頼むのが一番だなあ…
わたしのUber EATSコードは『eats-uberjakk4free』です。

連絡が返ってきた

アメリカはtwitterのサポート窓口に気軽に質問しても結構返ってくるので、実はサポートよりも先にtwitterアカウントにリプを飛ばしていたんだけど、21時頃に連絡してまさかの22時には誠意ある返信が来た。これには驚いた。(2日後の月曜の昼過ぎぐらいにクッソ適当な返信が来るものと思っていた)

電話番号とメールアドレスを教えろとのことだったので結局サポート窓口に連絡した。twitterのDMで送るっていうのもそれはそれで面白そうだったんだけど。



Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です