うずまき2017 powered by Jun-Systems

耳管開放症, SAS, 統計解析, 人工知能, プログラミングそれに思考

*

HIPHOPのビートタグ(Beat Tag)の話

      2015/08/25

最近ビートタグを漁ったり作ったりすんのにハマってます。
 
DJ MIX聴いてるとDJによっては”ザナンバーワンディージェーイ!!!ディディディディージェーーーイ ケオーーーリー!!! オーーーンザミーーーックス!!!!”みたいなやつをやかましいぐらい多用してくる人がいます。(最近減ったかもしれないけど)そういうラジオのジングル(RHYMESTER宇多丸のーーウィケーーーーーーーン シャホーーーーみたいな)的な声って流れてくるじゃないですか。Beat Tagsっていうのは簡単にいうとあれのトラックメイク版で、「このBeatは俺のもんだ!」っていうタギング(サイン)みたいなもんだと思えばいいんじゃないでしょうかね。
 
OTAIRECORDがビートグランプリ(BEAT GP)と称して普段陰に隠れがちなトラックメイカーを陽の目に引っ張りだす大会をやっててさすがだと思いますが、それぐらいトラックメイカーってなかなか陽の目をみないわけです。普通の人だと、「毎日聴くような曲でも作曲者は全然知らない」なんてこともあるわけで、曲名に(Prod. by ***)とか書いてないと誰が作った曲なのかすら知ってもらえない。HIPHOPだと日本でも普通にプロデュースとかトラックメイカーつながりとかでディグるのって割と当たり前ですけど、世の中は別にそうでもないわけで。
 
日本最大級のトラックメイカーのバトル Beat Grand Prix | 日本最大級のトラックメイク,作曲,ビートメイクの大会を開催します。
 
たとえば最近のUSのHIPHOP聴く人ならこの音は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか。


これがまさにビートタグです。上の場合は、DJ Mustardが作った曲のイントロで使われます。
 
関係無いですがこういうビートタグについて、「USのHIPHOPでよく出てくるけどなんて言ってるか全然わからん」っていうような質問が知恵袋にめちゃくちゃ上がっててちょっと笑えます。ちなみに上のは“Mustard on the beats, Hoe!”って言ってます。最初”Money on my shit, Huh?”かと思ってたけど全然違いました。
 
Beat Tagsに関する記事ってアメリカでも意外と見つからなかったんですけど、有名ドコロを紹介した記事としてはここ(Every Producer Drop – An Absurdly Detailed Investigation | DJBooth)とかに結構載ってました。この記事ではProducer Dropって書いてますね。まあDJが使うこういう類の効果音を英語ではDJ Dropsって呼んだりするので、そこから来てるんでしょうかね。あとはBeatTips Readers Poll: Is Having a Signature Sound Important? – BeatTips.com – Beatmaking, Making Beats, & Hip Hop Production Informationとか。
 
もしあなたが「いろんな曲でよくイントロで同じ声が流れてんなー」と思っているなら、それはあなたが同じプロデューサーの曲をよく聴いているからです。
 
他は挙げればキリがないですが、一例としてオフィシャルで上がってるもののみいくつか紹介します。
【プロデューサ名: “Beat Tagの言葉”】で表記
 
DJ Mustard: “Mustard on the beats, Hoe!”
Show Me feat. Chris Brown – Kid Ink
You and Your Friends feat. Snoop Dogg, & Ty Dolla $ign – Wiz Khalifa
 
P-Lo (HBK Gang / Invasion): “Invasion”
Act Right feat. Jeezy, YG – Yo Gotti
Goin’ Up feat. Wiz Khalifa – IamSu!
 
Young Chop: “Young Chop On The Beats”
Suffering From Success feat. Ace Hood, Future – DJ Khaled
これ最初本当に何回聴いても「にゅーちょーOn The Beats」って聴こえてて調べるまで誰のプロデュースか全くわかりませんでした。
 
JUNEONABEAT: “JUNEONABEAT!”
Famous feat. Dej Loaf and K Camp – IAMSU!

Cattin Off feat. E-40 – JAYnFRESH
 
League of Starz: “League of Starz”
Like Whaaat ft. Bad Lucc – Problem
I Don’t Want Her feat. Problem – Eric Bellinger
Room Full Of Gs feat. Snoop Dogg, The Game, Joey Fatts & Dee – League Of Starz
 
Jay Nari (League of Starz): “Sorry Jay Nari”
I Don’t Want Her ft. Problem – Eric Bellinger
LOSの中でもProd. by Jay Nariだと後ろに”Sorry Jay Nari”が付きますね。
 
Dupri (League of Starz): “Got Damn It!”
Tyga – Hijack (Explicit) ft. 2 Chainz – YouTube
All That Feat. Skeme by SkemeSGODB
It’s A Reason – League Of Starz
 
Jay NariとDupriはtwitterもアカウント名がLL Cool Jay Nari (@SorryJayNari)になってたり名前がGotDamnitDupri™ (@Dupri1_)になってますね。
 
Maybach Music Group (MMG): “Maybach Music”
Pandemonium – Rick Ross , Meek Mill & Wale
Maybach Music feat. Jay-Z – Rick Ross
MMGはプロデュースっていうより所属してるってことだと思いますが。Rick Rossがよく使ってるのと、Meek MillのIma Boss (Remix)では曲中でも多用されてますね。
 
日本だと…
YMG
NEW MONEY – ISH-ONE
R U Ready? – Satussy (韻踏合組合)
 
jjj (Fla$hBackS)
Champion – KID FRESINO
アルバムgggに入ってるgggとかwassup men?とか
 
他はプロデュース作を調べてAppleMusicなりSpotifyなりで聴くといいです。聴き放題サービスはこういう時に役立てるべし。
 
で、個人的にはみんなもっとどんどんビートに自分のタグを打ってってほしいなーと思うんですよね。そっちのほうが聴いてて楽しいし。トラックに個性が出るのと同じでタグにも個性ってたぶん出ますからね。
じゃあビートタグ自力で作るかーってなると、例えば”DJ Drops” ”DJ Voiceover” “Voice Sample” ”DJ Sound FX”とかで検索するとDJミックスに使えるような割と派手めな効果音とかサンプル素材って腐るほど出てくるんですね。ただ、トラックメイクで自分のタグになるような言葉(トラックメイカーとしての名前とかレーベル名とか)となると当然なかなか見つからないし、かといって海外の有料DJ Drop作成サービスとかにわざわざ頼むのもなんか不安だし(何より意外と高い)なーってなるんじゃないですかね。
 
んじゃ録るか、となると自分や友達のラッパーの声とか録って編集してもいいんですが、大抵タグなんて英語で作りたいでしょうし、そうなるとどうせなら綺麗な英語で作りたくなりますよね。
一昔前だとまだコンピュータの読み上げ技術がゴミ未満のクオリティだったのでとても使えませんでした。(それでもMicrosoft Samの声だけでラップ作ったこととかありましたが)
最近はいろいろなもので喋らせることができて、そういう「喋らせられる系」のサービス(Text to SpeechとかVoiceover系)は調べると割とあります。まあ勝手に使っていいかと言われればもちろんダメなので細かいことは書きませんけど。
 
Best Text-to-Speech Demo: Create Talking Avatars and Online Characters | SitePal TTS Demo
この若干気持ち悪いけど発音は割ときれいにしてくれるやつとかいい感じです。
 
あとはUSのヒップホップのアカペラから単語だけ抜いてくるとか。
 
そんな感じでいろいろあるので、みなさん積極的に自分のトラックにタギングしていきましょう。
という話でした。
 
 
その他自分の宣伝
Still Chillin (Prod. by Lunniebeats) – TA-TI、フリーダウンロードで配信してます。

ちなみにこの曲には残念ながらBeat Tagは貼ってません。もうすぐフリーで公開する予定のアルバムに入れるときに改めて編集して追加する予定です。
 
 


 - DTM, Hiphop, 音楽 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
Spotifyのジャパン・パッシングに見る日本の音楽業界の話
SpotifyからGoogle Play Musicに乗り換えました。
音楽と様式美とオリジナリティ
EDMと日本のチャート音楽
tunecoreのDOD (Disk On Demand)代行でのCD流通を考える
自動マスタリングサービスLANDRを試す
プラグイン系の物欲整理を行いますよ
HIPHOPのトラックメイカーが使うべきフリープラグイン
no image
【One Asia】アジアのヒップホップ【One Hiphop】
no image
耳管開放症のための耳栓を探して