うずまき2017 powered by Jun-Systems

耳管開放症, SAS, 統計解析, 人工知能, プログラミングそれに思考

*

ラッパーのハスリンの話

   

ここしばらくMCバトルめっちゃ流行ってるじゃないですか。高校生とかで「音源は全く興味ないけどバトルには熱中してる」みたいな子たち見てると業界の将来が心配になるけど、まあ今回それはいいです。

高ラ(高校生ラップ選手権)とかフリースタイルダンジョン出演や活躍を経てフォロワーが2万人とかになったラッパーって結構いるじゃないですか。それだけ一気に人気が出ていながら、なんというか、生活水準それかよっていう人は結構見るんですよね。参考までに本日付けでのマギー審司のフォロワ数は16,118人でした。

彼らのラップとかバトルの様子って第三者が勝手に好き勝手編集した動画としてYouTubeに腐るほど上がってるんですよ。んで、再生回数が20万回とかいってるんですよね。(サムネがクソダサいとかそういうのは置いとくとして)

イケハヤさんの記事を参照すると、YouTubeの広告って2014年頃で1再生につき0.2円弱ぐらいなんですよね。(YouTubeの「1再生あたりの収益はいくらなのか」調べてみた)今のレートを厳しめに考えて0.1円/再生だと考えても…
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-21-21-28
これとか88万再生じゃん。これもし全く関係ない人間があげてるとしたら、自分のラップの動画を他人が勝手に字幕つけてあげるだけで10万近く稼げるわけじゃん。適正な才能に対して対価が届いていない感じがもどかしいし、付加価値のつけ方と得られる対価のバランスどうなってんだって感じじゃないですか。サンドイッチマンの動画を適当に切り貼りしてYouTubeにあげてるやつなんか一体いくら収益出てるんですかね。

今の時代、才能を金にする方法って思ってるよりは多いんですよね。俺もなんだかんだ色々やってるけど俺なんかでも自力で小銭稼げてんだから、とりあえず自分のラップがどれぐらいのコンテンツ性を持ってるのか認識したほうがいいと思うんですよね。動画とかアパレルとかライブのギャラとかアルバムとか諸々全部合わせればバイトとかしなくても普通に生活できるんじゃないですかね。俺はそう思います。


 - 音楽業界 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
音楽を作ってどうなりたいのかっていう話
結局ストリーミングの方が儲かるっていう話
お金がないのでタダでアルバムを出す方法を考える
商業ストリーミングと対比したSoundCloudのあるべき姿
EDMと日本のチャート音楽
Technics SL-1200が帰ってきたので色々と思い出した | Jun-Systems
SpotifyからGoogle Play Musicに乗り換えました。
ストリーミング時代の音楽産業 音楽は商品から資産へ
no image
最近レコードの売上が伸びているらしいという話。
もっとリスナーのこと考えて音楽やってよという話