うずまき2017 powered by Jun-Systems

耳管開放症, SAS, 統計解析, 人工知能, プログラミングそれに思考

*

Raspberry Pi 2 Model Bを買った話 pt.1 (最初の起動まで)

      2015/03/01

IMG_0272

やりたいことがあってRaspberry Pi 2を買いました。
AmazonもRSも取り寄せになってたので、泣く泣く楽天のよくわからない怪しい店で買いました。
怪しいので貼りません。商品名も間違ってたし。
 
最終目標: ライブ時にMacBookを使わずにオリジナルの機材で今と同じことを実現
→実現すべき順番は…
1 Raspberry Piで何かしらのDJソフトかサンプラーか何かを走らせて音が出るようにする
2 汎用のMIDIコントローラーでそれが操作できるようにする
3 (たぶんArduinoで)自作MIDIコントローラーを作る
4 Raspberry Pi + Arduinoで自作音楽機材の完成!
5 (できれば3Dプリンタで上記全部をまとめて入れられるケースを作る)
 
簡単に書きましたが、ハードウェアの知識を全く一切持ち合わせていないので果てしなく長い道のりになるだろうと思います。
 
本当はRaspberry PiのOSであるRaspbianでAbletonとかMAX for Liveやら走ると最高なんですけどね。
 
OSにはRaspbianを使用。
インストール方法はググればめっちゃ出てきますが、Macユーザであればこの辺りの偉大な先人のみなみなさまの投稿を参考にすれば難しくないです。
RaspberryPi – Raspberry Pi Model B+セットアップ – Qiita
Raspberry PiにRaspbianをインストール(いまさら) | Ukkari blog
 
と書いておきながら、立ち上げで速攻で壁にぶつかりました。
すべてのケーブル類を接続して電源を入れるも、「PWR(電源)ランプON、ACT(読み書き)ランプON」の状態でディスプレイも何も映らず…
 
elinux.orgのページに電源と読み書きランプの点灯パターンによるエラー原因の一覧があるんですが、最初「Red power LED is on, green LED does not flash, nothing on display」の最初にちらっと書いてある
 

Note: A faintly glowing steady green LED means no boot code has ever been executed, as almost the first thing the boot code does is to turn the faint glow off! When flashing/blinking the green LED should be as bright as the red LED.

 
という文言を完全に読み落としており、「玄人っぽい人達のトラブルシューティングにも載ってねーじゃん!」と思っていました。
さらにもう少し調べたところ、Raspberry Pi B+における同じような議論の中で”It’s the same as the green light only showing faintly on an A or B, but the circuit is wired the other way around on the B+.”と言っている人がいるので、まあ同じことのようです。
 
上で紹介されているやり方で一部から(ぼくのとは違いますが)問題も報告されているみたいなので、PCやRaspの機種とか相性とかいろいろあるのかもしれないですね。
 
仕方ないのでSD CARD Associationで上書きフォーマットしてからこっちの方法でやり直しました。
すると、難なく起動しました。
 
無事に立ち上がって初期設定があがったところで、この先は続きの記事に書いてゆきたいと思います。
 
使用しているケーブルなど、環境として特筆すべきは…
映像ケーブル: HDMI-VGA変換ケーブル(Belkin)
USBハブ: ELECOM
LANケーブルの先: WiMAXの家備え付け用ルータURoad-HOME
いきなりまさかのVGA変換ケーブル+リビングのテレビで試すのは結構心配でHDMIケーブル買おうか迷ったんですが、まあ日常的にApple TVで映ってるので大丈夫だと信じて使用しました。そしてちゃんと動きました。
その他マウス、キーボード、USB電源ケーブル、DVIケーブル、LANケーブルは研究室で余っていたものを適当に流用しています。

今回使ったSDカードはTranscend Micro SDXC class10 64GB
FullSizeRender

次回: Raspberry Pi 2 Model Bを買った話 pt.2 (DJソフトの立ち上げまで)
 
 


 - IT, Raspberry Pi, ガジェット談義 , , ,

Comment

  1. […] 前回: Raspberry Pi 2 Model Bを買った話 pt.1 (最初の起動まで)の続きです。   今回は、RaspiをSSH接続して、音楽用に使えるよういろいろ入れたり設定したりしてゆきます。   まずSSH接続についてはこちらのページが圧倒的に分かりやすかったです。 Raspberry Pi(ラズベリーパイ)にMacからSSHでリモートログインする。 – Pythonでも金融工学でもない。   これでリモート接続ができるようになったので、そのほかやったことといえば…   Dropbox的なものを入れる 最終的に音楽系の機材にしたい兼ね合いもあり、ファイルのやり取りはオンラインでできた方が早いです。 自動でやり取りとまではいかないものの、こちらのサイトなどを参考にDropbox-Uploaderを導入しました。 Raspberry PiのRaspbianでDropbox-Uploaderをインストールして設定する(2013/09/28現在) | Ukkari blog   そしてインストール中にdropbox_uploader.shを走らせようとしてエラー”-e Error: this script requires the BASH shell!” ググったら全く同じところで詰まっている人がいました。sh dropbox_uploader.shで走らせようとしてわちゃわちゃしてますが、途中で現れた人に「いやなんで./dropbox_uloader.shで走らせないの」って言われて一瞬で解決してますね。私も同じでした。もっと勉強しないと。   インストールは手順に沿って進めていけば(くだらないところでつまづかない限りは)難しくありません。   使い方は以下のページが分かりやすかったです。 [Raspberry Pi]Dropboxをコマンドラインから操作する | 代助のブログ   DJソフトを入れる ここを参考にMixxxというDJソフトを入れてみました。 最終的にはいい感じにMIDIコントローラーを受け付けるサンプラーみたいなものに落ち着きたいですが、とりあえずは音楽系ソフトの反応を見るつもりで。 Raspberry Pi • View topic – Help can you run virtual DJ studios or a simuler program   Dropboxに置いた音楽ファイルも、一旦Dropbox-UploaderでダウンロードしてしまえばMixxx上のブラウズ機能でローカルのファイル内を参照できるので、何の苦もありませんでした。   細かいサウンド設定の話は下で。   サウンド関係の設定 このあたりの先人のみなさまを参考に好きなセッティングにしましょう Raspberry-Pi Enable Sound – Semillero: Advanced Digital Technologies – UPB Bucaramanga, Colombia Raspberry Piで音を鳴らす – 頼りないニモニック Raspberry Pi HDMI オーディオで MPD を鳴らす – 半農半医 amixer set PCM 0dB #音の減弱を0dbに   […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
クラウドファンディングで気をつけるべき4つのこと
no image
スマートウォッチを使い始めて変わったこと
Technics SL-1200が帰ってきたので色々と思い出した | Jun-Systems
no image
KickstarterからXY FindItが届いた話
iMacの首が折れた話
なんかPebbleが廃業してたので他の製品を探す
no image
ITの未来について考えてみた
MIDIコントローラー Hercules P32 DJ 感想/Review
no image
Ringが届いたので、ウェアラブルデバイスについて考えてみる
アップル新製品発表会2016に際して色々と考える iPhone, Macbookなど。