うずまき2017 powered by Jun-Systems

耳管開放症, SAS, 統計解析, 人工知能, プログラミングそれに思考

*

SASでウェブ上のcsvファイルを直接読み込む

   

「プログラミングなんてやってるくせにそんなことも面倒臭がる出不精なのか」と思うかもしれませんが、プログラミングの極意は自動化です。
 
ちなみに以下のサンプルコードはジャパンネット銀行のウェブ上にあるcsvファイルを取ってきてそのまま何も考えずにwork.csvtestにインポートするという暴挙プログラムです。
実装してみたら想像以上に簡単だったのもあり、サンプルコードだけ貼っとくのであとは自由に加工するなりマクロ書くなりするといいと思います。ぶっちゃけこれ書いたのはPROC HTTPのGETをいろいろ試したかったというだけです。
 

FILENAME csv "%sysfunc(getoption(work))/temp.csv";

PROC HTTP method="get" 
 url="http://www.japannetbank.co.jp/service/payment/web_all/sample_zengin.csv" 
 out=csv;
run;

PROC IMPORT OUT=csvtest
    DATAFILE=csv
    DBMS=CSV REPLACE;
    GETNAMES=YES;
    DATAROW=2;
    GUESSINGROWS=200;
  RUN; 

 
PROC HTTPのPOST使ってもう少し面白い話(分析が終わったらSASが自動でtwitterに投稿して自分にリプ飛ばしてくれる的な)も一応裏で書いてるんですが、ただ意外と手こずってるのでもう少しかかると思います。
 
 


 - SAS Programming ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
SASのPROC SQLで一括操作(変数名の変更 / ダミー変数操作など)
SASで変数リスト内の全変数に順番に同じ処理をかけていくマクロ
【忘備録】SASで巨大データセットから先頭100Obsを抽出
no image
SAS上で走っているRとSASでのデータセットの受け渡し
no image
SASで条件分岐を使いこなす
実用性重視のSASコマンド集
no image
SASのPROC HTTPでe-statのAPIを叩く(叩くだけ)
SASでカテゴリカルな変数をダミー変数化するマクロ
no image
SASで直接twitterを検索してTLをインポート(PROC HTTP/Twitter OAuth)
no image
SASを使いやすくカスタマイズしよう SAS環境変数,AUTOEXECなど