うずまき2017 powered by Jun-Systems

耳管開放症, SAS, 統計解析, 人工知能, プログラミングそれに思考

*

SKC48で使ってるビートとか

   

名古屋は矢場町cafe dodoでSKC48なるイベントに関わっています。正式名称はたぶん「SKC48 powered by OTAIRECORD DJ UNIVERSITY」だと思います。これは元々好き者が集まるスクラッチ練習会ですが、今はもっと幅広く、タンテを触ったことのない人まで広く楽しめるスクラッチ教則会みたいな感じになっています。ぼくはかれこれ2年ぐらい関わってるのでしょうか。最初はただのスタッフでしたがいつの間にかスクラッチビート担当になりました。

スクラッチ教習中はAbleton、DJはMASCHINE STUDIOでやっているわけですが、これには大きなデメリットがあるんですね。それは、「お客さんがPCの画面を覗き込まれてもなんの曲がかかってるのか全くわからない」ということです。ということで普段SKCで使っている(自分の曲以外の)beatを紹介するつもりですが、基本的にBandcampでDigってるので今はもう公開していない盤や当時フリーだったけど今は有料とかってものもあります。なるべくよく使ってるbeatから優先して紹介するつもりでしたが、もはや見つけきれませんでした。

Alphas – Orion

alphas Orion
Orion – Alphas

Hardjazz7 Musicから、イギリスでジャジーヒップホップをやっているOrionのデビューアルバムAlphas。これは僕がビート担当し始めた最初期の頃からしばらくの間しょっちゅう使っていたのでSKCに何回か来たことのある方はたぶん聴いたことのある曲が1つは入っています。

Bastard Jazz presents “HEAR NO EVIL, SEE NO EVIL, SPEAK NO EVIL” – DJ KIYO

Bastard Jazz presents "HEAR NO EVIL, SEE NO EVIL, SPEAK NO EVIL" - DJ KIYOBastard Jazz presents “HEAR NO EVIL, SEE NO EVIL, SPEAK NO EVIL” – DJ KIYO
これ確かTSUTAYAで見つけて適当に借りてきたやつだったような気がします。SKC vol.25~29辺りでかなりの頻度で使ってます。ただ、実際に使うときには全ビートを強制的にBPM90まで落としてピッチもいじってます。


Cordovan – Magma
中でもこれはよくかけてますね。ベースラインが特徴的です。

Specific Medicine – DJ Perro

DJ PerroSpecific Medicine – DJ Perro
これも非常によく使ってますね。MIC JACK PRODUCTIONからDJ DOGG(変名DJ PERRO)のインスト集です。ジャジーヒップホップ好きなら信用できる1枚です。

Beatsmake-A-Holic – Himuki

Beatsmake-A-Holic - Himuki
Beatsmake-A-Holic – Himuki

自分自身がビートメイカーなので、国内ビートメイカーのアルバムは結構チェックしています。Himukiは好きなトラックメイカーの一人です。

FIRST IMPRESSIONS – FIRST IMPRESSIONS(Kenichiro Nishihara)

FIRST IMPRESSIONS
FIRST IMPRESSIONS – FIRST IMPRESSIONS(Kenichiro Nishihara)

作曲家西原健一郎の日本語ラッププロジェクトFIRST IMPRESSIONSの1stアルバムにして同名タイトルの1枚。このアルバムはZEUSとかBRON-Kとか入ってて音も新鮮で好きです。アウトロや間奏部分をよくループして使ってます。

その他日本のビートメイカー周りではEVISBEATS、michita、NAGMATIC、OLIVEOILなどなど使ってます。もちろん自分のビートも。

vol.29でかけた日本語ラップ

ビート以外に最近は教則中も普通に日本語ラップかけたりしてます。かけたものを貼っておきます。


フリースタイルダンジョンで一気に知名度をあげた焚巻のフリー配信曲。話題になった直後な上にちょうど公開直後だったので、これはまず掛けようと思ってました。


YENTOWN周辺のKiLLaというクルーからdiZZyのフリー曲。YENTOWN周りはトラップが有名ですが、ジャジーなのないかなーと思って探してたら見つかりました。結構ノッてくれるお客さんいてよかった。




この辺めっちゃいいです。BGPで健闘した(個人的には初めから優勝すると思ってた)Sweet Williamをはじめ、PitchOddMansion周りは全般的に好きです。

終わりがけ30分はだいたいカオスなフリータイムになるので、YENTOWN周辺をざっくばらんにかけたり、IOを筆頭に話題のKANDYTOWNとか、名古屋からitto、最近何かと話題のISH-ONE、RAU DEFの新譜などなど好き勝手に掛けました。

作品集: Chopped-Up Radio

最後にぼくの作品集pt.3が完成したので貼っておきます。タイトルはChopped-Up Radioです。1枚目NIGHT GROOVE、2枚目Soul on the Wheels、3枚目Chopped-Up Radioと全部作り方のアプローチが全然違うんですが、これは作り分けているわけではなく純粋にぼくのスタイルが変わったというだけの話です。この1年の間に2回アメリカに行ったので、一部の曲はニューヨーク、ロサンゼルス、ノースカロライナ、ワシントンなどで作りました。でも23トラックもあるのに62分しかありません。まあ1曲目とか11秒しかないので。ちなみに”Chillin”を全面的に押し出そうとしているのはアメリカで”煙”の味を覚えたからです。


今回の作品集はひたすらにジャズの単音をチョップしてバコバコ鳴らしてます。一部クソ有名な曲をモロ使いして各所から反感を買いました。何より今まで大嫌いだったTR-808をサンプリングしたドラムキットで大半のビートを組むというこれまでではありえない奇行に出ています。
あと、5曲目と13曲目では客演に東京世田谷からラッパーのTA-TIさんに入ってもらいました。元々はぼくがmixiで企画していた幻のMIXCDに使用する楽曲を集めていた時に知り合った方です。Still Chillin’については実はApple MusicやSpotifyでも配信しています。
そのStill Chillin’とPrevious Lifeに関しては、東京のDELMONTE STUDIOにレコーディングから最終的なミックスダウンまでお願いしました。



福祉関連の曲ですが、普通にHOOKかっこいいです。


 - スクラッチ , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした