うずまき2017 powered by Jun-Systems

耳管開放症, SAS, 統計解析, 人工知能, プログラミングそれに思考

*

Technics SL-1200が帰ってきたので色々と思い出した | Jun-Systems

      2016/04/07

PanasonicからTechnics復活の一報が届いてからどれくらい経ったでしょうか。
ついに…

SL-1200が帰ってきました。

jn160324-1-1

昨今のレコードブーム

ここ数年、ついに日本にもレコードブームがやってきました。これまでアメリカやヨーロッパでちょっとずつ売上が伸びていくのを見ていましたけど、欧米から数年遅れてやってくるという日本の音楽業界の興隆の歴史を見ていても、「本当に日本にも来るのか…?」という感じで正直なところ半信半疑でした。っていうかレコードが普通に売られる世界なんて想像できなかったんですよ。生まれてなかったから。

でも今の現状を見れば、ぼくの予想が外れていたことは一目瞭然です。
これまで周りにはレコードなんて見たことすらなかったような人ばかりでしたが、最近では友人から「レコードってどこで売ってるの?」とか「どうやって聴けばいいの?」とか質問されることが増えてきました。ちょっと感度の高いお洒落な人の家に遊びに行くと、奥にレコードプレイヤーが鎮座してたりするんですよ。コーヒー片手にジャズのレコードなんか聴いちゃったりしてるわけです。最高かよ。
で、やっぱりそういうライト層に対しては、ION AudioのArchive LPなんかが圧倒的に人気みたいですね。何人かから「これ安いけどちゃんと聴けるの?」って質問されました。聴けますし、入門にはぴったりだと思います。

ArchiveLP

逆に「レコードプレイヤー買ったけど何が聴けるの?」っていう質問もたまにされます。もちろんタワレコに置いてあるようなJPOPの新譜レコード買うのもいいです。それこそ有名なJ-POPフィールドのアーティストがレコードを出してます。だってPerfumeがCOMPLETE LP BOXとかいって高音質180g重量盤でアナログのボックス出すなんて誰が予想できますか。最高かよ。そして宇多田ヒカルのFirst Loveのアナログは死ぬほど欲しかったけどどうしても高くて買えなくてもっとハスリンしなきゃなと思いました。

NakamuraEmiのデビューアルバムがアナログカットされたので買いました

Dopeお兄さんさん(@lunniebeats)が投稿した写真 –


ぼくも流行に乗ってNakamuraEmiのアナログをAmazonで買ったら裏に誰の字か知りませんけど手書きでナンバリングされてて激アツでした.

Technicsが消えたとき

覚えているでしょうか。SL-1200がなくなった時の人々の声を。オタイレコードは即Technics、SL-1200の追悼ページを作りました。この辺の動きの早さは本当に尊敬します。

baner
大好きなTechnicsへ最後の手紙。 – OTAIRECORD

恥ずかしながらぼくもここにコメントを載せている一人であります。コメントが普通に恥ずかしくて黒歴史感があるんで本当は消してほしいんですけど。あの頃は若かったなあ…っていう感じしかしません。
オタレコスタッフとはいえ、実は当時DJを始めてまだ3年とか。実際まだ何者でもないただの大学生でしたが、「いつかはSL-1200を買いたい」と思っていた矢先の出来事だったのでショックだったのをよく覚えています。ちなみに彼はその後、スクラッチがやりたくてVestax PDX3000を買い、今もまだ愛用しています。

実家帰ってもタンテ触る以外になんもやることないのほんとウケるな

Dopeお兄さんさん(@lunniebeats)が投稿した写真 –


みなさんはこういう汚らしいDJブースを設計しないようにしましょう。ケーブルの混線で音がクソみたいに悪くなります。

SL-1200GAEの登場

そんなこんなでSL-1200が復活しました。あの「壊れなさすぎて買い替え需要を喚起できなかった」と噂のSL-1200です。家電は10年で壊れるとかいいますがこんなモーターの上でレコード押したり引いたりしてて10年ももったら神じゃないですかね。

「ダイレクトドライブターンテーブル」SL-1200GAEを限定発売 Panasonic
「ダイレクトドライブターンテーブル」SL-1200GAEを限定発売
パナのHPのプレスリリースにこれが見えた瞬間喚きそうになりました。

タンテといえばPioneer DJがタンテPLX-1000を出した時にも真っ先に触りに行って「ちょwwwwwパイオニアのタンテwwwwwたっけえwwwwwwクソワロwwwwww」とか思ってましたけど、今回はそれを遥かに凌駕する価格でした。あの当時「これからはこのPLX-1000が業界標準になるかもな…!!」とか熱く語ってましたけど、結局どうなったんでしょうね。(最近クラブでDJしないからよく知らない)

高級オーディオ機器としてのSL-1200

今回SL-1200GAEとして登場したこの新タンテですが、高級オーディオブランドとして復活したTechnicsでは、今回の製品は高級オーディオ/DJともに使える両刀型レコードプレイヤーであることを自負しているそうです。(ってようすけさんが言ってました) 思えば前のTechnicsのDJミキサーSH-EX1200はやたら音が悪いイメージがありましたが、それが今や高級オーディオブランドなわけです。実際いろいろ見ていると技術的な進歩は圧倒的で、「外面がSL-1200なだけで中身は全く違う」という話もされていました。これが30万とか逆に安くね?みたいな。ぼくも何とかして近々試聴したいと思っています。

SL-1200の具体的な話ついては、関係各所のプレスリリースでも出ている通り、OTAIRECORDのSL-1200GAE特設ページ『テクニクス50周年記念モデル SL-1200GAE限定発売 -OTAIRECORD-』にて、オタイオーディオ/オタイレコードのようすけ管理人を聞き手に、Panasonicの社員の方やTechnicsの技術者の方を交えて詳しく紹介されています。「全体が3時間とかさすがに長くてキツいけど、開発秘話だけでも聴きたい!」というような場合には、下の動画だけでも観るといいです。復活にあたってどれぐらいの企業が協力して出来上がったか、その辺りも含めて裏話が満載です。

2016年4月12日から早速予約が開始されるそうです。ぼくも速攻で予約し…たいところですが、まずは今使ってるゴミみたいなスピーカーを買い換えてからにしたいと思います。


 - ガジェット談義, 音楽, 音楽業界 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
スマートウォッチを使い始めて変わったこと
no image
ラッパーのハスリンの話
no image
海外での現地SIMカードのススメ GL06P
tunecoreのDOD (Disk On Demand)代行でのCD流通を考える
no image
【One Asia】アジアのヒップホップ【One Hiphop】
no image
音楽産業でDRMが違法ダウンロードに与える影響についての論文を読んでみた(前編)【続・DRM論争】
結局ストリーミングの方が儲かるっていう話
no image
耳管開放症のための耳栓を探して
no image
Apple Watchが登場したからこそPebbleの話
YouTubeで一発当てれば数百万入る時代にライブに1万円のノルマを払い続ける人たち