うずまき2017 powered by Jun-Systems

耳管開放症, SAS, 統計解析, 人工知能, プログラミングそれに思考

*

アップル新製品発表会2016に際して色々と考える iPhone, Macbookなど。

      2016/09/08

Appleの秋の製品発表会2016まであと7時間ぐらいです。この記事は別にAppleの新製品の予想とかではなく、他人の予想に乗っかって適当に書き散らかしてるだけなので、Apple好きな方の暇つぶしにでもなればと思います。

僕が期待しているのは、
・iPhoneのFelica対応と日本でのApplePay開始
・各種ワイヤレス化(イヤホンジャックの廃止 / ワイヤレス充電)
・MacBook Proの新モデル発売
ぐらいですかね。Pebble使ってる僕にはAppleWatchは無用です。

iPhoneについて

iphone-6s-colors
もうスマホ自体の機能が飽和してきて、iPhone登場から9年、とうとうスマートフォン市場は終わりつつあるという議論もあります。実際、普通に考えればSamsungのGALAXY S6 Edgeみたいに「曲面ディスプレイの見た目がかっこいい」とか、そういう部分でしか買い替え需要が起きないような気がします。いわゆるプロダクトデザインに力を入れてきたAppleにとって、iPhoneもそうやって売ってきた部分は少なからずありますし、実際米iPhoneユーザー、デザイン変更のないiPhone7への買い替え意向者は1割弱!という衝撃の調査結果も出ています。確かに機能面だけのアップグレードを考えての買い替えであれば、iPhone6以前ぐらいのモデルを所有する人の購買がメインになることは自然な流れだと思います。

SM-G925IZDAINS-625537-0
GALAXY S6 edge (Samsung)

Samsungはデザイン先行というよりは技術先行というイメージがあります。Appleを強く意識した結果、誕生した新しい技術を製品にいち早く取り入れることで、製品やブランドとしての革新性を担保しているというのが僕の認識です。Appleは「結果的に」最新の技術を導入しているだけという気がするので、その辺りは少し動き方に差があるように感じます。

こういったスマホ市場自体が緩やかに停滞に向かっている現状で、個人的に(大して期待はしてないけど)それを打破してくれないかなーと淡い期待を寄せているのは、アップルCEOであるTim Cookの発言「iPhone 7には「これなしでは生活できないと感じさせる革新的機能を搭載する」」によるところの”革新的機能”ですかね。Appleの売上低下に関して「iPhone 6sからiPhone 7への変化の緩やかさは、2018年に売上げを上昇させるための準備である」という予想もある通りiPhone登場から10周年を迎える2017年モデルで大幅なアップグレードも予想されているので、僕としては「えっこのタイミングで革新的機能出しちゃうの?本気?」と半信半疑ですが。

→発表会を終えて振り返ってみると、結局どれのことだったんでしょうね。生活防水なんですかね。

ApplePay関連

ApplePayLogo
僕自身はアメリカに行く2015年7月にiPhone 6 plus (SIMフリー128GB)に買い替えたばかりでまだ1年ちょっとしか使ってないので、基本的には今回の買い替えはパスして次のモデルまで待つつもりです。ただ、「Felica対応」「ApplePay開始」「タッチアンドゴーで電車に乗れる」が実装されたら話は変わると思います。
去年のうち2か月ぐらいアメリカで生活してからというもの、現金が煩わしくて仕方ないんですね。かといって日本で日常的に鉄道系ICで買い物するわけでもないんですが。この手の話をすると「電子マネーやクレカはカネを使った気がしないから危険」とかいう話もありますが、僕は毎月月末に泣きながらカードの利用料をファミマ店頭で支払う契約なのとMoney Forwardで家計簿つけてるので大丈夫です。たぶん。

「改札にケータイかざして電車乗れるなんて未来じゃん」というのは僕が中学生の頃からガラケー片手に思っていたことです。とりあえず2020年の東京オリンピックに際しては、訪日客にとっての利便性を高めることになるのは間違いないとは思います。「訪日客は日本に降り立ったらとりあえず成田で500円でTOKYOオリンピック記念Suicaを買うための行列に並ぶ」みたいなのが予想される未来ですが、非常に単純に言ってダサくないですか。。そこにテレビクルーが来て「Youは何しに日本へ?」みたいに聞く風景とそれに付随したトラブルが容易に想像できます。
「トイレがめっちゃ高性能」とか、「ケータイで改札通れる」とか、そういうところのちょっとしたハイテク感みたいなものが、日本のちょっとweirdなイメージにも貢献していくんでしょうし、頑張ってほしいところです。

→発表会を終えてみたらFelica搭載はまさかの日本モデルだけでした。オリンピック云々は完全に無意味な話でしたね。東京おrピンピックではみなさんSuicaを買うかどんどんタクシーに乗っていただくようお願いいたしますという感じですね。

その他iPhoneへのFelica搭載に関しては、Apple Payの日本上陸と新型iPhoneのFeliCa採用にまつわる裏事情を考察が読み応えもあって面白かったです。

→この記事だと「アップルは日本市場に気を使ったわけではなくあくまでFelicaの通信性能がいいからそっちをスタンダードにしたいんだ」っていうような論調でしたが、蓋を開ければまさかのFelica搭載は日本モデルだけでしたね。びっくりしましたね。

各種ワイヤレス化

LAのスタバ(3rd Street Promenade)には、ワイヤレス給電用のモジュールがデスクの上についていました。(僕の撮った画像ではないのでリンク貼っときます)
最近は若い人の間で少しずつ高まってきたと思うんですけど、「ケーブルはダサい」みたいな風潮がもっと広まってほしい。我々にはLANケーブルをはじめとしてケーブルでつなぐのが当たり前みたいになっていたのでどうしてもその感覚が芽生えづらいというか、仕方ないという意識があるように思うんですよね。個人的にはどんどんワイヤレス化を進めてほしいと思っています。

そしてその先にあるのが、イヤホンジャックの廃止です。今回は「端末を薄くするにあたってイヤホンジャックが物理的に邪魔だから」と言う理由での廃止っぽいですが、どのような理由であれiPhoneがイヤホンジャックを廃止すればBluetoothイヤホン市場は確実に盛り上がると思います。Bluetooth4.0のBLE接続ならよっぽど安定性にも問題はないでしょうし。
唯一気になるのは音楽系のアプリを使っている時のレイテンシですかね。DJソフトにせよサンプラーにせよ最近の音ゲーにせよ、0.1秒のレンテンシでも普通に煩わしいですからね。そういう時は最悪Lightning端子から変換するんでしょうね。Lightningからの変換ケーブルは、よっっっっぽどかっこよくプレゼンしないと基本的に見た目がダサそう。

→やはり廃止はされましたね。ネットだと「Lightningへの変換でまたケーブルが増えてアップル税が…」みたいな意見もちらほら見ますが、この際ワイヤレスイヤホンに…!!! 唯一アレなのは、コンポのAUX端子とかにはつなぎづらくなりますね。これからはLightning端子と直接繋げるコンポとか出てくるんですかね…まあBluetoothで繋げばいいんですけど。

ワイヤレスイヤホンの種類や製品紹介についてはe-イヤホンの記事(Bluetoothを分かりやすくご説明!ワイヤレスイヤホンの正しい選び方)が詳しいのでそちらに譲ります。個人的には昔実際に使っていたSOL Republic SHADOWがかっこいい上に今風の低音が強調されたアホっぽい音で好きでしたね。


っていうか、たまたまワイヤレス充電のQi(チー)のサイト(iPhone 7 Plus presented to have wireless charging)を見ててFoxconnのプレゼンテーションのリーク画像を見つけたんですけど、こんな具体的な形で提示してるってことは実際普通にかなりの人間が事前に詳細を知っててもおかしくないってことですよね。これはかなり詳細にリークされても仕方ないな。

ちなみに、既存の3.5インチ端子のイヤホンをiPhoneからワイヤレスで使うには、いわゆるBluetoothレシーバーもあります。


これにイヤホンを差してiPhoneとBluetoothで接続して、この本体はカバンに入れとくとかすると意外と便利(な時もあります)。

MacBookについて

MACBOOKPRO
今回なるべく僕自身のiPhone買い替え需要を掘り起こされたくないのには理由があります。年内にMacBook Proの新モデルが出るとか出ないとかいう話があるからです。今のMacBook Pro (15 inch, Early 2011)はクアッドコア2.2 GHz Intel Core i7でメモリは16GB、かなりハードに使い続けてかれこれ5年。デザインから動画編集までやってましたし、トラックパッドはボロボロ、ちょっと使っただけでファンがガーガー回ります。
Apple製品の登場や機能の予想にあたってはAppleが取得した特許や商標登録が大いに参考になりますが、MBPも例外ではありません。新型MacBook Pro登場間近か!? AirPod CaseやTouch Bar、Iris Engineなどの商標が続々判明にもある通り、キーボード上部にOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したMBPが登場するんじゃないかという話が結構な具体性を持っていろいろなところから出てきています。ここのトップの画像みたいな感じになったら普通にめちゃくちゃかっこいいし、サードパーティ向けに表示とかコントロール機能が提供されたら、DJソフトでの楽曲のシークとかにも使えるんじゃないかな。

とにかく、なんとか今のMBPが動くうちに下取りに出して新しいモデルを買いたいのであります。OSに関して言うと、とりあえずEl Capitanと音楽機材の相性が基本的に”””絶望”””という言葉がピッタリなレベルでゴミなので、macOS Sierraはマトモであることを心から願っております。何卒よろしくお願いしたいところですね。

→さすがにこのイベントでまとめてMacBook Proまでリリースされることはありませんでしたね。でもまだ年内に出る可能性は捨てきれていないので、もうちょっとだけ期待しておきたいと思います。

さて、色々と楽しみですね。またなんか買ったら書きます。


 - ガジェット談義 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

iMacの首が折れた話
Technics SL-1200が帰ってきたので色々と思い出した | Jun-Systems
Pebbleの新作を注文しました @Kickstarter
no image
クラウドファンディングで気をつけるべき4つのこと
なんかPebbleが廃業してたので他の製品を探す
no image
スマートウォッチを使い始めて変わったこと
no image
Ringが届いたので、ウェアラブルデバイスについて考えてみる
no image
Raspberry Pi 2 Model Bを買った話 pt.2 (DJソフトの立ち上げまで)
MIDIコントローラー Hercules P32 DJ 感想/Review
no image
Raspberry Pi 2 Model Bを買った話 pt.1 (最初の起動まで)