C.R.E.A.M.

Share Button

お金なかった時は「カネ稼げたら毎日さぞ楽しいだろうな〜」と思っていたんだけど。
結構がっつりお金稼ぐようになった今になって気づいたんですけどね。


びっくりするぐらいそんなことなかった。


お金なかった時は最新のガジェットとか服とか買いたいもんが死ぬほどいっぱいあったんだけど。音楽機材にしてもKOMPLETE KONTROLとかMPC LIVEとかAbleton Live 10とか、そういう新しい機材をバンバン買って、スタジオには防音材を貼ってアップグレードしたいとか、なんかたくさん野望があったような気がするんだけど。
んで当時は食費切り詰めたり馬鹿みたいに高金利なカードローンとか使ったりして物欲を満たしていたんだけど。

なんだろうね。
いざお金できたら買い物するの本当に速攻で飽きてしまった。最初の1ヶ月で飽きた。
機材も今のセットアップで普通に全部できることに気づいたので結局まだ何も買っていない。macOS High Sierraに対応していないせいで調子が悪くなってしまったオーディオインターフェイスすら買い換えられていない。iPhone XもPS4 Proも、漠然と欲しいと思ってはいるんだけどきっかけがなくて買う気がしない。おそらくゴッドイーターの新作かFinal Fantasy VII: Remakeが発売したらPS4とPS VRはまとめて買う。




んで今後は試しに1週間毎日料亭で食事したり高い酒とか飲んでみたりしたんだよ。
経験にお金を払えば自分自身をアップグレードできるんじゃないかという淡い期待を込めて。

まっじで空虚。虚空の人生。

マトモな店が金払いのいい客に愛想がいいのは当たり前だし自分自身もいい客を演じたいという思いが強いので、目新しいことも別になくただただ食事をして終わった。良い味のする食品を摂取したというだけの話。
これをメッキとして自分に貼り付けていくことで自分の芯が分厚くなってくんだとしたら、はっきりいってだいぶペラい話だと思う。

アホくさいのでこれももうやめた。
なんでこんなもんに金払ってんのかわかんなくなってきて、アホらしすぎて酒ごとやめてしまった。最近は美味しいジュースを集めようと画策している。




東京でのこの3ヶ月でわかったことを発表するとしたら、

マジでね、

お金あっても、

肝心なものは何も買えないの。

なんも。

びっくりした。

都内のクラブで十万払ってシャンパンとテキーラ出しまくって騒ぎ倒すより、600円払ってスタバで夢中で話してたら気づいたら5時間経ってた、みたいな方が幸せだったりとかさ。(今考えるとスタバには申し訳なかったけど、これまでスタバにはかなりお金使ってきたからその時のことは許してほしい)

それに、お金積んだって病気も治んないし。
もしマルファン症候群を根本から治療するために大金払えば身体中の染色体を書き換えられるとしても、それをやったらもはやこの身体は俺ではなくなってしまうわけで。

先日「生まれ変わったらもう一度自分になりたいか」っていう質問をされて、その瞬間は「俺は自分のことが大嫌いだから絶対に嫌です」と答えたけど、実際この人生じゃないと見えてこなかったものはたくさんある。

東京は毎日刺激的で楽しいよ。寂しいけどね。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3546003055292762"
data-ad-slot="5749192034">


Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.