考える暇もなく動き続けること

Share Button

俺は典型的な「考えすぎるタイプ」である。じゃなかったら誰も読んでいないブログをこんな頻度で更新したりはしない。

しかしながら、やはり考える時間があるとダメになってしまう。

昔のように何か考えているようで実は何も考えていない空っぽの頭でヘラヘラやりたいことに突き進んで行った方がいい。つまりは考える時間も何も確保できないようひたすら動き続けるのがいいようだ。

ということで今年のうちにやりたいことを列挙しておく。
とはいえ実は今はあまりない。やりたいことがあまりないなんてこれまでの人生でほとんどなかったので自分でも少し驚いている。なお下に列挙した数あってもあんまりないと言い切れるのは、これまでの人生でやりたいことが多すぎたからだ。

– 海外に行く
適度に近いアジア圏に飛んでANAのマイルを消費しなければならない。有効期限が切れるのだけは避けたい。
これまでひとりでの旅行には必ずアメリカに行っていたので、そろそろアジア一人旅というのもいい気がする。深圳に行きたかったのだが、正直タイミングを逃した気がしている。

– いくつかの小説を読む
俺は驚くほど小説を読む習慣がない。しかし最近はそれらを読んでいる人たちの人間としての厚みみたいなものを感じることが多い。話の傍に小説の一節なんかをお洒落に引っ張ってくる人間を見ていると溢れ出す知的さ(より正確には知的それっぽさ)がすごい。

– 客演を入れてシングルを何曲かリリースする
この忙しさではおそらくアルバムを出すほど精力的に制作に打ち込むことはできないので、せめて何曲かぐらいはシングルでも出そうと思う。

– ライブ
ビートライブをやってなさすぎてもうできないんじゃないかとすら思う。9月には去年も出させていただいたKariya Jazzy Jamに出るし、ビートライブ兼フィンガードラムのリハビリもしなきゃいけない。

– Max for Liveを使ったAbletonのデバイス制作
MAX FOR LIVEにいつまで経っても慣れることができないので、M4LからMATLABかPythonに接続できるWrapperが欲しい。とはいえ調べるとそれっぽいものはいくつかあるので順次試していきたい。

– ミュージックビデオの制作
ミュージックビデオは去年ぐらいからぼちぼち作り始めて、最近は素材集めがひたすら楽しい。自分の曲にMVつけていい感じにしてYouTubeにあげていきたい。

– 専門外の分野の勉強(宇宙、量子論、時間、存在 etc)
専門外の分野としては昔は哲学の勉強をしていたんだけど、のめりこんで修士2年の夏を廃人として過ごしてしまったので慎重になっている。いまは量子力学と宇宙に興味があるので、そっちの勉強をしようと思う。

– 講演
ありがたいことに講演のお願いをいただくようになった。経済学出身のAI人材ということで、「ブロックチェーンが経済に与える影響」「AIと雇用」「音楽xAI」「産業革命に重ねるAI社会変革」など、結構いろんなテーマで話せるので、いくつかネタを仕入れて講演も積極的にやっていこうと思う。

やりたいことを全部ちゃんとやるのに、家にワークステーションが1台欲しい。楽曲制作にも研究にも使えるものとなると本体価格も電気代も相当に高いのだが…しかし楽曲制作にも使おうと思うとAWSのようなクラウド環境に移すことはできないので仕方がない。あとはこの家のLAN端子自体がNAT内部にあるというクソ仕様によりグローバルIPが取得できない問題さえなんとかできればプライベートクラウド環境が完成するのだが。

まあとにかく動き続けよう。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3546003055292762"
data-ad-slot="5749192034">

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.