死刑のこと

Share Button

俺は一貫して死刑には反対の立場なんですよ。
やっぱり、文明国家が人を殺すなんていうことはどうしても容認できない。

しかし大前提として言っておくと、これは手続きや制度上の問題ではない。むしろ20年もかけて裁判やって結論出したのちにこうやって実施されたということそれ自体は日本の司法制度がマトモであることの証左だと思う。世論に流されてさっさと執行しなかったのは素直にすごい。

でもいざ死刑というものを考えると、それは紛れもなく国家が人を殺すということであって。俺にとっては被害者遺族や世間による私刑に国が加担しているようにしか見えない。だいぶ酷な表現をしたけど、日本の司法はそういうものから加害者を守る意識はそれなりに強いと思っていたんだけどね。
法務大臣にしても、自分の承認で人が死ぬというのは一体どういう感情なんだろうか。

やはり終身刑を置くべきなんじゃないだろうか。社会にとってのどうしようもない害悪でも国が責任を持って隔離して飼っておくことで生存権を与えるのが文明国家というものだと思っていたのに。

あと、これは衝撃的すぎて記憶が曖昧なので間に受けないでほしいんだけど、昨日たまたまつけたテレビで誰かが、これで被害者も救われただか報われただかコメントしているのをみて本当に背筋が寒くなった。
自分がいい気持ちになりたいだけなのを物言えぬ被害者の感情に転嫁して正当化するなんていうのは到底許されるべきことではない。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3546003055292762"
data-ad-slot="5749192034">



Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.