耳管開放症とうるさい人たち

Share Button

ブログ記事「耳管開放症と10年付き合って」をついに消した。ここ10年近く耳管開放症のことを色々書いてきたけど、情報は陳腐化する一方だし。なにより「自分は治ったからってどうのこうの」みたいなまったく的外れな暴言もしょっちゅう届くし、挙げ句の果てには「殺してやりたい」みたいなのまで来る始末で,正直鬱陶しいんで消しました。善意で情報共有してんのに殺されちゃたまんねーだろ。

実際のところあの記事の一番のミソは内容ではなくコメント欄だったんですよ。あのコメ欄読んでると自分以外にも本当に多くの人が耳管開放症に悩まされてんだなあと思えて仲間意識が芽生えるというか,そういうご連絡は多くいただいていました。なかなか見た目ではわからない症状ですからね。だからこそ多くの方に残してもらいたいって言われてたんで粘ってたんですけどね。返信できてませんでしたけど、コメントはちゃんと読んでましたよ。

耳管開放症がつらいのはわかるよ。俺だってもう20年近く患ってるし,今だってたびたび症状は出てるんだよ。体調によっては一日中開放してて仕事しづれーなとかもあるし。でも少しでも希望を持ってもらいたくて筋トレだ体重増やすだいろんなこと試して,それで「症状が治まった」なんて書いた日にはこんなのばっか届くんだからやってらんないっすわね。
こっちは人柱になってんだから文句言ってないで試すとか、自分の発症の原因を特定して対策を考えるとかもっとやれることあんだろ。俺はやせすぎが原因だったからその対策として筋トレしてただけだよ。それで症状が和らいだかもしれないって報告して怒られる筋合いなんかないんだよ。

あと,今の俺の関心が耳管開放症よりマルファン症候群と大動脈剥離に移ってしまったっていうのもある。そういう点でもうメンテする気になれなかった。まあ今はtwitterとかで色々情報発信してる人もいるし大丈夫なんじゃないですか。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3546003055292762"
data-ad-slot="5749192034">

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.