情報発信をしないという選択

Share Button

災害発生時に試験的に何の情報発信もしないという試みをしたところ、別に何の問題もなかったのでこれからもこういう感じでいこうと思う。

twitterというところは、ひとたび災害が起きると被災していない人たちが互いに安全を呼びかけあいながら真偽不明の情報を拡散して少しでも誰かの役に立とうと試みる偽善の異空間と化す。
誰かの役に立ちたいという思いが先走るあまり誰がどうみても嘘だろみたいな情報の拡散に平気で加担し、それが嘘だったとわかっても「役に立ちたかった」の一点張りで切り抜けようとする。
謎の独自防災理論を唱える人や、過去の震災の写真を引っ張り出してきて自分の被害を偽る人、地震を予知したと言い張る人に地震兵器や政権との関わりを主張する人。全部どうでもいい。
拡散してる奴らも割と同罪で、つまり情報の検証作業にはコストを払わないくせにそれを拡散して役立とうとするなんていうのは端的に言って偽善でしかない。本当に役に立ちたかったら黙って自分の仕事を粛々と進めて社会を回し、そして何も言わずに稼いだお金を寄付すればいい。それがかっこいい大人というものだ。しかしそれでは自分の懐が痛む上に承認欲求が満たされないからあんまりやらないのだ。ちなみに俺は災害が起きるたびに自分の中での”結構な額”を寄付してます。

たとえば今回の京セラドームのヒビの話はばっちりフェイクニュースだった。最高ですね。



脊髄反射でこういうのを拡散する猿のみなさんのことは日頃からミュートしまくってたので奇跡的に俺のところには来ませんでしたが。ちなみに私はこういうのを拡散しながら後で嘘だとわかっても平気なツラでいられるみなさんのことは心の底から軽蔑しています。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3546003055292762"
data-ad-slot="5749192034">

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.